不動産関係に就職したいなら資格取得がポイント

main-img

安定した収入が期待できるという理由から不動産関係に就職したいという人が増えています。
就職希望者が多いこの業界で仕事を得るには資格を取得することがポイントとなります。
様々な資格がある中、一般的に知られているのが建築士です。
これは家やビルの設計に携わるもので、深い専門の知識を必要とするため難関の試験としても有名です。
その他には不動産鑑定士もあります。

これは文字通り不動産の価値を鑑定する専門家です。また土地家屋調査士もあります。これは登記をするための土地や建物の調査を行う仕事です。

さらに契約書などを扱う宅地建物取引士もあります。

宅地建物取引士はこの業界での仕事を希望する人は最低限取っておきたいものだと言われます。
なぜなら不動産売買や賃貸業務の際に欠かせない資格だからです。

営業所には宅地建物取引士を置かなければならないと法で定められているため、取得していると需要が高く仕事が得やすいと思われます。
それから最近ではマンションの増加に伴い、マンション管理士や管理業務主任者も取得する人が増えています。

目的別の交野市の不動産の詳細は専用ホームページで紹介しています。

また、高齢者や障がい者が暮らしやすい環境づくりを提案する福祉住環境コーディネーターも、人気上昇中です。



その他、家や建物の内部の空間のデザインを手がけるインテリアコーディネーターを取る人も増えています。



なお不動産関係では関連する資格を複数取って、仕事に生かすという人も多く見られます。

そのため持っている資格が多ければ多いほど、就職に有利だと考えられます。

住宅をよく学ぶ

subpage1

不動産関連の資格について説明します。資格取得案内でよく見かける不動産資格は、「宅地建物取引士」です。...

more

注目情報

subpage2

不動産に関してよく知られている資格では宅地建物取引士というものがあります。以前は宅地建物取引主任と呼ばれていましたが2015年からは現況の名称に変わりました。...

more

意外な事実

subpage3

不動産関連の仕事は、建物や土地の売買や建設、管理や賃貸、あるいは住宅ローンを融資することまで、実に幅広いです。それに応じて資格もたくさんの種類が存在し、毎年多くの人が受験しています。...

more

人に言いたい住宅

subpage4

不動産は高額商品ですので、その取引に間違いは許されません、またその対象不動産に対しては種々の法律が適用されており、その法律関係を正確にお互い理解する必要があります。よって不動産の取引をする際は、その不動産についての重要なポイントを説明して理解し合う重要事項説明書という書類を作成して買う方に資格を持った者が説明しなければなりません、そして、この重要事項説明書を納得して後にやっと契約という流れになります。...

more